メインイメージ画像

事務所の賃料!

新たに事務所を構える場合に、賃料に注目する人も多いはずです。そのような人は、実際に契約をする時に賃料の改定方法を確認しなければなりません。一般に改正は契約を更新する際に行われることが大半ですが、契約書に「甲の申し出により」などと記載がある場合は注意しなければなりません。これはオーナー側の申し出によって賃料を変えることができるとするものなので、もしも改定後の料金に納得できなくても文句が言えません。

イメージ画像

借り手側が安心できるのは、両者の合意がなければ賃料の改定を行えない、「甲乙協議」という記載のある契約書だといえます。後々の問題を避けるためにも、これらを確認するのを忘れないようにしましょう。実際に契約をする時には不動産屋などの仲介会社が間に立ち、両者が満足できる契約が結べるようにしてくれるはずですので、ささいなことであっても何か気になるところがあるならば、すぐに相談をして解決をすることが大切だといえるでしょう。

貸事務所を決める場合、業務内容によってピッタリ合う間取りは異なってくるでしょう。

社内での業務が多いデスクワークであれば、デスクスペースをとっておく必要があるでしょうし、営業活動がメインの業務であれば、営業車を停めておく広い駐車場が必要になりますよね。失敗例として挙げられる点として、忙しい時に一時的に派遣社員がくることを忘れていたために、作業を行うスペースが足りなくなったということなどや、必要な機材のスペースが充分に確保できなくて、作業する時に不便になってしまったということがあるようです。またいくつかのテナントが存在している物件だと、共有スペースがあるため思っていたよりも事務所が狭い…といったケースもあるようです。

充分な広さがあっても、柱が邪魔になってデスクの配置が困難であるといった物件もありますので、やっぱり事前に自身の目で物件を見ておくということがポイントになりますね。気に入った事務所と出会えるように、しっかりと下調べをしておきましょう。

更新情報