メインイメージ画像

貸事務所にかかる費用!

イメージ画像

まず事務所を借りようとする時にビックリするのが高い初期費用なのではないでしょうか。多くの貸事務所は、普通の住宅よりも保証金が高額になることが多いでしょう。不動産屋に支払う仲介手数料などと合計すると、大きな出費になります。折角良い事務所を紹介してもらっても、もうちょっと安ければ…と諦めていませんか?そんな時はすぐに諦めてしまわず、不動産屋に交渉するといいかもしれないです。

長期間空いていた物件や、景観が良くない場所、日が当たらない立地、使いづらい間取りなど、何らかの「ワケ有り物件」であれば、不動産屋側も交渉に応じることがよくあるようです。さらにもう一点確認しなければいけないことは、内装や電気工事に関して業者が指定されているのかということです。ビルオーナーによって前もって業者を決めているということがあるんですが、そういった場合はコストが高くなってしまうことがあるので、先に指定業者がいるかどうか、またどの業者に依頼するのかを確認しておく必要があることでしょう。

事務所を移転する際、大事なデータや機材を任せるわけですから、どの業者に頼むかは非常に大切なポイントとなります。

何社かの業者に見積もりを依頼して比較してみたらいいかもしれません。それぞれの業者によって、実際の引越しの日程やコストなどは異なってきますので、それぞれを比べて最も都合が合うところを選択するようにするといいかもしれませんね。またやりとりの中で迅速に対応するかどうか、きちんとしたレスポンスがあるかをしっかりと見ておき、そういったことを参考にしてもいいかもしれません。

またその他にも引っ越しする時には新しいオフィス内の内装などを工事する業者を探すことも重要です。貸事務所によってはビルオーナーの指定業者がいる場合もあるのですが、そうでない時は自身で業者を選ばなければなりません。その場合も同様に、何社かの業者と話をして見積もりを依頼し、それをもとに決めていくといいでしょう。

更新情報